お品書き

季節のお菓子

亥の子餅

平安時代より、多産の「イノシシ」にあやかり無病息災・子孫繁栄を願って食べるお菓子とされ、また茶道の「炉開き」の際に使われるお菓子としても歴史は古く、「源氏物語」にも登場します。

特製「亥の子餅」は11月限定販売となり、また裏千家茶道資料館 呈茶席・一保堂茶舗京都本店 喫茶室「嘉木」でのお菓子となっております。

◾️亥の子餅 一個280円(税込)

今日の予定